NPO法人みたか市民協同発電 設立趣旨


 

地球温暖化など地球規模での気候変動は、陸地・海洋生態系にまで影響を及ぼしており、その主な要因は人の活動であると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)により指摘されています。一方、2011年3月11日の東日本大震災による東京電力福島第一原発の事故をきっかけに、それまでのエネルギーシステムのあり方に多くの市民が疑問を抱くようになりました。

いまや、化石燃料や原子力発電によるエネルギー大量消費型社会を変え、環境への影響をより小さくし、地球温暖化を減速させることが求められています。この転換は一見難問に思えるかもしれませんが、すでに北欧諸国等では再生可能エネルギーを主要電源とする取り組みが計画的に進められています。日本でも、これまで続いてきた人間の暮らしと歴史、そして自然生態系の営みを次の世代へと引き継いでいくために、自然を活用した再生可能エネルギーの利用促進をどのように進めていくべきかという議論にこそ力を注ぐ時期だと考えます。

固定価格買取制度の開始を機に、日本各地で様々な再生可能エネルギーの利用が模索され始めました。再生可能エネルギーを基盤とする地域分散型のエネルギーシステムを、市民が主体となって構築していく契機です。わたしたちも、多くの市民の理解と賛同を得て、三鷹という地域に市民発電所を設置していきたいと考えています。

 

主な事業内容


 

(1)学習啓発事業

地球温暖化やエネルギーの問題についての情報や学習機会を提供する事業

 

(2)市民協同発電事業

再生可能エネルギーを利用した発電設備を、市民が資金を出し合い設置・運営する事業

 

(3)省エネ・再エネ導入支援事業

省エネ設備や再生可能エネルギー設備に関する情報の提供や設置・導入をサポートする事業

 

(4)提言事業

省エネの推進や再生可能エネルギーの普及などのエネルギー問題、温暖化対策等に係る行政の制度について調査し、提言する事業

 

みたか市民協同発電 これまでのおもな活動


2013年

8月 地域社会に根ざしたクリーンな再生可能エネルギーの推進を目指し、任意団体みたか市民協同発電を考える会を設立

 

2014年

2月 特定非営利活動法人格取得に向けて、みたか市民協同発電設立総会を開催

 

6月 特定非営利活動法人を取得

 

8月 NPO法人みたか市民協同発電 設立記念フォーラムを開催

 

11月 みたか市民活動 NPOフォーラムに参加(以降毎年参加)

 

2015年

6月 NPO法人むさしの市民エネルギーとNPO法人みたか市民協同発電で「むさしのみたか市民エネルギー合同会社」設立

 

7月 佐藤千佳さん講演会&市民電力説明会を開催

 

8~10月 市民電力説明会(全5回)を開催

 

10月 明星学園市民協同発電所が稼働(パネル112枚、28kW、設置費用1,000万円、出資者65名、寄付13名)

 

11月 ベランダ発電工作セミナー&温暖化ミニ講座を開催

 

2016年

2月 会員との懇親会を開催

 

3月 市内オフグリッドハウス見学会を開催、FoE JAPAN吉田明子さんを講師に、電力自由化学習会&温暖化ミニ学習会を開催

 

5月 ベランダ発電工作セミナーを開催

 

10月 行政・市内教育機関との協同事業の可能性について意見交換

 

2017年

2月 調布のオフグリッドハウス「えねこや」を見学

 

6月 明星学園小学校にてソーラーカー親子工作教室を開催、三鷹中央通りで「エコマルシェ」企画・開催

 

NPO法人詳細情報はこちら

入会申し込みはこちらから

メモ: * は入力必須項目です