イルミネーションRE100@Mitaka

開催しました!

今年のイルミネーションRE100@Mitakaは三鷹中央防災公園西広場で開催しました。なだらかな芝生の丘にメッセージボードやソーラーランタン、竹明かりが並べられ、参加者全員でカウントダウンの午後5時を待ちました。10秒前・・5・・4・・3・・2・・1・・!そのあと一斉にイルミネーションが点灯、周りから拍手が起こりました。夜の広場ではソーラーランタンが闇をやさしく照らし、幻想的な風景を作り出しました。使っている灯りはLEDライト、ソーラー発電などRE100(再生可能エネルギー100%)を使っています。 続きは活動報告をチェック!

 


みたか発電とは?

地域において太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及や省エネに取り組むことで、地球にも、そこで暮らす人間にも、生きものにもやさしい社会を目指せたら。そんな思いをこめて三鷹市民が集まって、「みたか市民共同発電を考える会」を作り、2014年に法人化しました。

 

みたか発電の公式ページ 各アイコンをクリックすると飛びます。


Facebook

Instagram

Twitter

ブログ


フォロー・いいねをお願いします☺

活動報告


12月11日(土)「イルミネーションRE100@Mitaka」開催しました

今年のイルミネーションRE100@Mitakaは三鷹中央防災公園西広場で開催しました。イベントには40名位の方に参加していただき、また各地域の環境団体や個人のみなさんとオンラインで繋がり、Youtubeで実況配信されました。イベントではフードロスやプラスチックフリーを目指して量り売りを始めたグループの方やダンボールコンポストでの堆肥作りを実践されている方からお話を伺ったり、「プラモンやっつけ隊」の小学生のみなさんからもメッセージをいただきました。持続可能な社会を若いみなさんに手渡していくために私たち大人は真剣に取り組まなければならない、と改めて決意しました。

9月18日(土)午後 オンラインイベント

「農家さんと語ろう 都市農業と私たちの暮らし」を開催しました

みたか発電のオンラインイベント「農家さんと語ろう 都市農業と私たちの暮らし」

9月18日(土)13:00~15:00に行われました。
ご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

6月13日親子向けオンライン講座「ここから わたしから~親子で学ぼう!SDGsと地球温暖化~」を開催しました

 みたか発電初の「親子オンライン講座」が行われました。この講座は春から行っていた国際基督教大学(ICU)の学生さんの授業である「サービスラーニング」の一環として計画され、資料作りや当日の進行などにも学生さんの力が大いに発揮され、充実した時間を過ごすことができました。当日は子どもたちも積極的に参加してくれて、大変楽しい会となりました。

 5月30日竹村英明さんの講演会を開催しました

これまでもみたか発電のイベントに何度か参加してくださった、市民電力連絡会・イージーパワー株式会社・グリーンピープルズパワー株式会社でご活躍の竹村英明さんをお招きし、オンライン講演会を行いました。講演では日本の再エネの現状や可能性、エネルギー政策の構造的問題、なぜ新電力を選ばなければならないのか、などが話されました。

講演動画もぜひご覧ください!  

 

過去の活動報告

 過去の活動や総会議案書を見ることができます。

 明星学園市民協同発電所

2015年10月4日に、明星学園様のご厚意により同学園ホールの屋根に太陽光パネルを設置することが出来ました。

毎月の発電量を掲載しております。



活動の様子



関連リンク


パワーシフトキャンペーン署名:再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます

大手電力会社と新電力、とくに再エネ供給をめざす新電力との間に大きな格差、不平等な状況があり、「電力システム改革」のなかでも、むしろこの格差が温存・拡大される制度がつくられています。持続可能な再生可能エネルギー社会への方向転換を望む市民として要請します。