地域において太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及や省エネに取り組むことで、

地球にも、そこで暮らす人間にも、生きものにもやさしい社会を目指せたら。

そんな思いをこめて三鷹市民が集まって、「みたか市民共同発電を考える会」を作り、

2014年に法人化しました。

新着情報



みたか発電 2023講演会

本気で目指そう!脱炭素社会

~わたしたちができることは~

 

講師 箕輪弥生(みのわ やよい)さん 

環境ライター、ジャーナリスト

2023年6月4日(日)15:00~16:40

三鷹市市民協働センター 第二会議室

資料代 500円 ※みたか発電正会員は無料

 

三鷹市でも脱炭素社会の実現に向けて「ゼロカーボンシティ宣言」をしました。

しかし、その取り組みは本当に充分でしょうか?

私たち市民に浸透しているでしょうか?

ゼロカーボンとは温室効果ガスの排出量を減らすとともに、森林などによるCo2の吸収量を増やすことで排出量をプラスマイナスゼロにすること。

地球温暖化の危機は待ったなし!脱炭素を本気で目指すにはどうすればよいのか。

環境ライターでジャーナリストの箕輪弥生さんにお話いただきます。

 

主催・企画 NPO法人みたか市民協同発電

お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。

※お電話での問い合わせは画像に記載の番号をご参照ください(18:00~21:00)画像はクリックすると拡大します。

 

お申し込みはこちらから!

みたか発電の公式ページ 各アイコンをクリックすると飛びます。


Facebook

Instagram

Twitter

ブログ


フォロー・いいねをお願いします☺

活動報告


2023年3月3日(金)「世界気候アクション0303」に参加しました

みたか発電のメンバーも、三鷹市役所前でプラカードを手にサイレントスタンディングをしました。お昼時の市民センター前、行き来する皆さんにアピールできたかと思います!

2022年12月10日(土)、三鷹中央防災公園にて『イルミネーションRE100』を開催しました

子どもたちが作った『LED提灯』を飾り付けた会場で、ゲストに『SDGsの歌姫』さとさとみさんをお迎えし、3曲披露していただきました。『わたしができるSDGs』は参加のみんなで一緒に唄いました!ブログの写真もご覧ください!

2022年10月15日(土), 16日(日)井の頭コミュニティまつりに出展しました

2日めの日曜日からは『環境カルタ』も使って、展示だけでなく実際に手を動かして楽しんでもらえるようにしました。(『カルタ』は11月に開催の『SDGsアクション みたかエコマルシェ2022』でも行う予定になっています!)ブログにも報告を掲載しました!

2022年9月18日(日)学習会「家庭でできる省エネのコツ」を開催しました

みたか市民活動・NPOフォーラムのイベントの一つとして、東京都地球温暖化防止活動推進センターから講師の沼田美穂先生をお招きした学習会「家庭でできる省エネのコツ」を開催しました。前半は地球温暖化や、エネルギー価格高騰の中での家庭でできる省エネの工夫などについて学び、後半は「あなたは誰に、どんな言葉で、気候危機を伝えますか?」というテーマで意見を出し合うワークショップを実施しました。詳しい報告はこちらから。

 

過去の活動報告

 過去の活動や総会議案書を見ることができます。

ブログでは1つ1つの活動について

より詳しい報告を掲載しています。

 明星学園市民協同発電所

2015年10月4日に、明星学園様のご厚意により

同学園ホールの屋根に太陽光パネルを設置することが出来ました。

毎月の発電量を掲載しております。



活動の様子



関連リンク


パワーシフトキャンペーン署名:再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます

大手電力会社と新電力、とくに再エネ供給をめざす新電力との間に大きな格差、不平等な状況があり、「電力システム改革」のなかでも、むしろこの格差が温存・拡大される制度がつくられています。持続可能な再生可能エネルギー社会への方向転換を望む市民として要請します。